namazuのブログ

明日香村稲渕・第17回案山子コンテスト

b0280176_9422648.jpg

こんにちは。ジジ(kyohmy)です。
いつもブログ見ていただきありがとうございます。
10月21日夕方の明日香村稲渕の棚田です。
この日は棚田のオーナー家族による稲刈りの日のようでした。
泥んこ家族たちが坂を下りて来るのと入れ違いで、
私たちは棚田を登っていきました。
鎌で手刈りされた稲がハザ掛けにされて、夕日に輝いていました。

ここで行なわれた第17回案山子コンテストの案山子たちは
今も残されていますが、風雨にさらされ痛みはじめています。
畦を真っ赤に染めていたろう彼岸花もすっかり終わっています。
地元農家の方が稲刈りの後始末をされる中を私たちジジババは、
孫をバギーに乗せのんびりと散策させてもらいました。

毎年訪れてる案山子コンテストですが、
今年も大遅刻ですがどうにか見れてよかったです。
私がブログを始めた2005年の最初の記事もココでした。




第17回案山子コンテストの今年のテーマは「帰ろかな」でした。
なので?
↓カエル
b0280176_1073682.jpg

↓孫とカエル
b0280176_10135472.jpg

↓ババと孫とカエル。撮影者はジジ。
b0280176_1093624.jpg

by kyohmy | 2012-10-24 10:15 | お出かけ/奈良県 | Comments(6)
Commented by よしこ at 2012-10-24 10:48 x
こんにちわ。かかしってなんていうか、郷愁を誘いますよね。もちろん、田舎を思い出すっているのもあるでしょうけれど、日本人の原点みたいな。2005年の写真、拝見しました。稲穂の中に鮮やかなヒガンバナ、目にも心にも沁みる景色ですね。稲穂とヒガンバナが同時って、ありそうで、なかなか難しいですね。静岡は早く収穫するところが多いので、田に何もなくなってから、ヒガンバナ。それはそれで、いいですが。でも、黄金と緋色、これは見たいです。
Commented by rr-tsu at 2012-10-24 15:04
(-^〇^-)ババに幸せいっぱいの笑を見せてるお孫ちゃんがいいですね!!
Commented by kame-photo-2 at 2012-10-24 22:55
こんばんはです!
お孫さんにいつでも会えるってのがいいな〜(笑)
しょっちゅう来られると煩わしいかもですが・・
なんとも微笑ましい光景です!
Commented by kyohmy at 2012-10-25 13:03
●よしこさん、こんにちは。
そうです、田んぼのある風景は日本の原風景ですね。
稲穂と彼岸花の風景は赤黄青緑とカラフルですね。
早場米と遅場米のそれぞれの季節感は「あれ??」って感じです。
私の生まれ育った大和盆地の稲刈りは10月中旬が当たり前で。
今すんでる伊賀盆地は9月上旬ですから、ひと月半も違います。
引っ越して来た時は「あれれのれ?」でした。
Commented by kyohmy at 2012-10-25 13:05
●rr-tsuさん、こんにちは。
1歳の孫は歩くのもまだ少しなので楽ですが、
これから走り回るようになって来ると思うと。
ジジババのテンションは下降気味。
Commented by kyohmy at 2012-10-25 13:10
●kameさん、こんにちは。
遠いのも寂しいでしょうが、
近いのも孫に振り回されたり、しつけもしないとと思うし、
一長一短ですね。
盆正月に会って喜びにあふれた中で孫と遊ぶ方が理想かも。