namazuのブログ

安土城址(2)

b0280176_135031100.jpg

4/16のこと
石段、石垣、礎石が残るばかり。
それらの石から安土城創建当時のことを
貧しい頭で想像するしかないのです。
天主跡に立ち眼下の景色を見ながら、
当時は山裾まで琵琶湖の水面が広がっていたとのこと。
水路を存分に利用して交易の要になる場所だったんだろう
なんて、、思うのですが、
できるなら当時の天主の最上階と同じ高さの展望台が欲しいなぁ
もっと欲を言えば
当時の工法で、当時のままの安土城を再建、、、どなたかやってくれませんかねぇ?




↓天主の土台部分にあたる石垣。傾斜の緩さに時代を感じました。
b0280176_14251024.jpg

↓整然とした田園が広がります。当時はここは水面だったとのこと。
b0280176_14263036.jpg

↓遠くに琵琶湖の湖面と、その向こうに比良の山々が見えます。
b0280176_14275025.jpg

↓天主の礎石
b0280176_14282799.jpg

↓天主の登り口
b0280176_20574226.jpg

↓織田信長公本廟
b0280176_20585798.jpg

↓摠見寺への石段
b0280176_2059539.jpg

↓摠見寺三重塔
b0280176_2103364.jpg

↓摠見寺から西の湖を見下ろす
b0280176_21144100.jpg

↓摠見寺石段にたんぽぽ
b0280176_2122842.jpg

↓摠見寺仁王門
b0280176_2125996.jpg

↓駐車場に降りてきました。
b0280176_2142158.jpg

by kyohmy | 2016-05-10 21:04 | お出かけ/その他 | Comments(2)
Commented by biwahama at 2016-05-17 15:39
ようこそ近江八幡へ!
春桜がまだ残る頃お越しでしたか。
安土城への道~まだ歩いてないです。
結構な坂だとは聴いてますが~石段もありそうですね。
それにしても信長も秀吉も城に上がるのさえ大変。。。
重い衣装を着て遠くの山々も何度もの往路は
昔の方はエライなぁとつくづく感じますね。
もしも安土城が燃えずにして、秀吉も生き延びて天下をとっていたら
滋賀県が近江が都になっていたかも知れない。
歴史に「たら」の仮想を思い巡らせるのも楽しいですね。
真田丸もこれからが面白くなってきますね♪
Commented by kyohmy at 2016-05-19 13:19 x
●biwahamaさん、こんにちは。
確かに山頂まで登るのは大変ですが天主跡に立ち眼下の風景を見ていると、
人の動きを手に取るように信長は眺めていたんだなぁと思いました。
駐車場と入場受付にちょっと違和感があったものの
安土城址そのものは見応えがあり、いい思い出となりました。
近江八幡は見所が多く明るいイメージがあります。
「真田丸」は飽きずに見続けていますよ。三谷さん作だからか?
洒落っ気も多く見ていて楽しいですね。
実際は殺し合いの時代なのになんて思いながら。