namazuのブログ

常滑やきもの散歩道(煙突のある風景)

b0280176_16531343.jpg
昭和初期の常滑の町には何十本もの煙突が林立し
黒い煙がもくもくと立ち上がり活気に満ちていたそうです。
その頃の主力製品は土管で、常滑港から出荷されたそうです。
それが今では窯はガス釜となり、
陶器製の土管は使われなくなり、
無用の煙突の数はどんどん減り続けているそうです。
ゆくゆくは全て撤去されるのかもしれません。
そんな話を
「煙突屋ガーデンカフェ」さんで聞かせてもらいました。
店内には煙突が林立していた頃の常滑の風景を
描いた作品が所狭しと展示されていました。

そんな煙突のある今の風景をアップします。





b0280176_17340729.jpg
b0280176_17111048.jpg
b0280176_17113023.jpg
b0280176_17113590.jpg
b0280176_17113978.jpg
b0280176_17114458.jpg
b0280176_17114847.jpg
b0280176_17115373.jpg
b0280176_17115932.jpg


by kyohmy | 2016-09-13 17:20 | お出かけ/その他 | Comments(0)