namazuのブログ

カテゴリ:お出かけ/奈良県( 127 )

奈良公園_二月堂からの眺望

b0280176_14471360.jpg

大仏殿から猫段、大鐘楼を通り二月堂に来ました。
二月堂と言えば「お水取り」が有名ですが
私はお水取りを見たことがないのです。
来年こそは来ようと、何度思って来たことか、、、
寒い季節の夜の業であり
さらに人が多くトラブルも多いと聞くと
億劫になるのですよね。

山の斜面に建てられた二月堂からは
奈良公園から奈良盆地生駒山を眺望出来ます。
西向きの舞台なので夕日見物にもいい所です。

この時は朝からの雨が止みはしたもののまだ
重い雲があちこちに見えてるような状況でした。
上の写真は、二月堂から望遠レンズでとらえた
生駒山のテレビ塔群です。
低く濃い雲が山頂と平地とを分断し、
雲に浮かんだ島のようにも見えましたが、
宇宙を見据えた地球基地のように思えるのでした。

More
by kyohmy | 2012-10-31 15:27 | お出かけ/奈良県 | Comments(8)

奈良公園_東大寺大仏殿

b0280176_1304011.jpg

ご存知!世界最大木造建築物の東大寺大仏殿。
と教えられたものですが、現在は諸説あるようです。

2度の消失を経て現在のものは創建時より少しコンパクトになって
1691年(元禄4年)に建てられたもの。
当然クレーンもブルトーザーも無い時代なのにこの大きさ。
人類の叡智を感じます。
今、重機・電気・鉄骨・セメントを使わずにこれを作れと言われて造れるでしょうか?

まさに血と汗の結晶だと思います。
指揮した人、お金を出した人、汗をかいた人
石を運んだ人の汗。瓦を葺いた人の汗。
膨大な数の人の命を賭けて出来た結晶ですね。

More
by kyohmy | 2012-10-30 13:48 | お出かけ/奈良県 | Comments(4)

奈良公園_絹谷幸二展

b0280176_13225388.jpg

10月28日(日)出産以来実家療養中の賑やかな長女と孫二人は、
だんなの実家に遊びに行ってしまって。ヨメと二人ポツン。
外の雨もそろそろやみそうな感じだし、ドライブがてら
奈良県立美術館で開催されている絹谷幸二展を見に行くことにしました。
登大路の駐車場に車を止めたときには2時半でした。
雨上がりのいい光が広がっていて、公園散歩に行きたい気持ちでしたが、
まずは若草山を振り返りながら美術館へ向かいました(上の写真)
絹谷さんの作品はエネルギッシュで素晴らしいものでした。
また絵筆を持ちたい気持ちになりました(いまだけ)

美術館を出て来ると、まだ外は明るく
「そうだ!二月堂からの夕日が見られるかも」と
もう観光客が引き上げて来る公園を奥へ奥へと向かいました。

More
by kyohmy | 2012-10-29 13:59 | お出かけ/奈良県 | Comments(2)

稲渕棚田

b0280176_13125817.jpg

↑2012/10/21 – 15:55 (Apple iPhone4S 1/230 秒 f/2.4 ISO50 焦点距離4.3 mm)
(携帯写真ですが画像データには撮影データが付いていました。プチビックリ)

私の遊び場として走り回っていた1960年代の田んぼは
鎌での稲刈りが当たり前で、こんなハザ掛け風景もごく普通でした。
今はコンバインや稲刈り機が当たり前でハザ掛けは珍しくなりましたね。
何日か干された稲は、田んぼに持ち出された脱穀機で、
「米」と「籾殻」と「藁」に分けられ、
「米」は米袋に入れられ精米所へ。
「籾殻」は田んぼに円錐状に盛られ、先に煙突を立て焼かれます。
この時に私たちガキンチョはサツマイモを仕込みます。焼き芋です。
「藁」はこれは地方によって違うようですが、田んぼに積まれます。
私の育った天理市では家型に積まれます。
藁積みを風よけに寄り添って(暖かいのです)、凧揚げをよくしました。
冬の遊びのメインは凧揚げですね。自作の凧もよく作りました。
小学校でも凧揚げ大会がありました。
今は凧揚げ風景も少なくなり、
あげていると思ったら大概、親がやってますね(笑)

More
by kyohmy | 2012-10-25 13:42 | お出かけ/奈良県 | Comments(4)

明日香村稲渕・第17回案山子コンテスト

b0280176_9422648.jpg

こんにちは。ジジ(kyohmy)です。
いつもブログ見ていただきありがとうございます。
10月21日夕方の明日香村稲渕の棚田です。
この日は棚田のオーナー家族による稲刈りの日のようでした。
泥んこ家族たちが坂を下りて来るのと入れ違いで、
私たちは棚田を登っていきました。
鎌で手刈りされた稲がハザ掛けにされて、夕日に輝いていました。

ここで行なわれた第17回案山子コンテストの案山子たちは
今も残されていますが、風雨にさらされ痛みはじめています。
畦を真っ赤に染めていたろう彼岸花もすっかり終わっています。
地元農家の方が稲刈りの後始末をされる中を私たちジジババは、
孫をバギーに乗せのんびりと散策させてもらいました。

毎年訪れてる案山子コンテストですが、
今年も大遅刻ですがどうにか見れてよかったです。
私がブログを始めた2005年の最初の記事もココでした。

More
by kyohmy | 2012-10-24 10:15 | お出かけ/奈良県 | Comments(6)

菟田野秋祭り_宮入り

b0280176_12301820.jpg

<太鼓台六基(宮本、松井、岩崎、宇賀志、佐倉、芳野)が、
神輿行列を先導する形で境内に勇壮に繰り込んできます。
これらの太鼓台はそれぞれ重さ約2トン、担ぎ手は百数十人というものです。
太鼓台は互いに競い合うように、境内を所狭しと練り歩きます。
(以上の文章は、宇太水分神社ホームページより抜粋させていただきました>

More
by kyohmy | 2012-10-23 13:12 | お出かけ/奈良県 | Comments(2)

菟田野秋祭り_まずは泣き言から

b0280176_1026513.jpg

10/21(日)の前夜、カメラのレンズを磨き、電池を充電し、
カメラ/三脚/マクロレンズ/予備バッテリーを大バッグにセットして、
いつもの池でキラキラの草花をマクロレンズで撮ってる夢を見て床に着く。

日曜日の予定は、早朝の近所散歩&昼の菟田野秋祭り。

朝5時半に目が覚めたが、二度寝をしてしまった。
再び起きた時は7時半。早朝散歩は行く気を無くして
孫の守りを兼ねての菟田野秋祭りにいくことになった。
だったら「大」バッグは邪魔なので「小」バッグにカメラを入れ替えて出発。

駐車場に車を止め宇太水分神社に向かう途中、綺麗な野の花が咲いている。
早速カメラを「小」バックより出してパシャ!
ところが、カメラは無反応。ンとも寸とも言わない。

カメラの底蓋をあけると、空洞のバッテリーBOXに
菟田野の秋風が吹き抜けているではありませんか。
(充電したバッテリーは家に置いて来た大バッグの中だ〜)

よってただの荷物となったカメラバッグと孫を引き連れ、
携帯フォトによるカメラ散歩になったのでした。

More
by kyohmy | 2012-10-22 11:40 | お出かけ/奈良県 | Comments(6)