namazuのブログ

カテゴリ:お出かけ/奈良県( 127 )

奈良公園(美術館・白毫寺)

b0280176_14392477.jpg

9月23日。連休最終日の奈良公園です。
奈良県立美術館で「百花繚乱 -中国リアリズムの煌めき-」を観たあと白毫寺へ。

「萩の寺」という代名詞を持つ白毫寺ですが、
今年の萩の花の付き具合は残念なことになっていました。
また来年を期待して見晴らしの良い木陰より、
奈良盆地の景色をゆっくり楽しんだあと、
春日大社、若草山、二月堂などをウォーキングがてら歩いたのでした。

More
by kyohmy | 2015-09-29 14:58 | お出かけ/奈良県 | Comments(0)

宇陀散歩(日張山青蓮寺2)

b0280176_15595510.jpg

鬱蒼とした山道に現れた青蓮寺の山門をくぐると、
ぱっと空が広がり明るくなりました。
青く高い秋空がとても気持ち良いのでした。
石段を登りきると明るい境内で山の中とは思えない広がりです。
正面の大きな建物で表札には「尼寺霊場 日張山 青蓮寺」とあります。
障子を開けてご住職さんが「こんにちは」と声を掛けてくださいました。
寺の事を何も知らずに訪れた私たちをご住職は開山堂に上げてくださり、
お寺の事など色々なお話を聞かせてくださいました。
中将姫開基のお寺である事、嘉籐太夫婦と中将姫の話、等々。

焼香の香りが広がるお堂の中を山の爽やかな空気が通り抜けています。
明るい光に鳥の声、せせらぎの音も聴こえてきます。

More
by kyohmy | 2015-09-16 16:47 | お出かけ/奈良県 | Comments(4)

宇陀散歩(墨坂神社・宇賀神社)

b0280176_1847323.jpg

写真は宇陀市榛原区にある墨坂神社の境内から鳥見山を望んでいます。
墨坂神社はアメノミナカヌシノカミ・タカミムスビノカミ・
カンムスビノカミ・イザナギノカミ・イザナミノカミ・オオモノヌシノカミの
六神を祭った神社です。
向こうに見える鳥見山は神武天皇の霊畤伝説の場所です。
(桜井市にも同じ伝説をもつ鳥見山があります)

奈良県宇陀市には古事記の伝承地が多くあります。
今回は古事記の伝承地ぶらりという事で、
まず「墨坂神社」に行き、その後「宇賀神社」に向かいました。

More
by kyohmy | 2015-09-14 19:41 | お出かけ/奈良県 | Comments(0)

矢田寺その2

b0280176_20345918.jpg

6/21の矢田寺の光景を今ごろUP。
知らぬ間に蝉はやかましく啼き、夏も本番。
明日7/25は、わが町名張市の納涼花火大会。
ヒュ〜〜〜、ドン!、パラパラパラ
のんびりと夏の風物詩を楽しみたいと思っています。

More
by kyohmy | 2015-07-24 21:04 | お出かけ/奈良県 | Comments(0)

矢田寺のあじさい

b0280176_10144365.jpg

仕事が繁忙期ですが
画像が腐りかけてきたので
6/21に行った矢田寺のアップします。

日本各地に「あじさい寺」と呼ばれるお寺は数あると思いますが、
奈良県内でも各所ある中で、一番有名なのは「矢田寺」ではないかと思います。

More
by kyohmy | 2015-07-08 10:27 | お出かけ/奈良県 | Comments(0)

今井町(重要伝統的建造物群保存地区)

b0280176_1242579.jpg

奈良県橿原市にある今井町。
江戸時代の町並の雰囲気が味わえます。
電線の地中化が済んだ通りは空がすっきりしていいですね。
カフェなども増えてきているようです。

More
by kyohmy | 2015-06-05 12:57 | お出かけ/奈良県 | Comments(2)

甘樫丘夕景

b0280176_1839050.jpg


空飛ぶバット
by kyohmy | 2015-05-01 18:43 | お出かけ/奈良県 | Comments(4)

飛鳥散歩寸景

b0280176_9265985.jpg

(↑甘樫丘の上から)
明日香村を訪れて時間の余裕のあるときは必ず登る甘樫丘(あまかしのおか)
気持ちがいいんですよね〜ここにいると。

More
by kyohmy | 2015-04-28 09:34 | お出かけ/奈良県 | Comments(0)

石舞台

b0280176_1215656.jpg

桜の花が終わった石舞台古墳です。
この立ち位置から満開の桜を見てみたいものです。

More
by kyohmy | 2015-04-24 12:17 | お出かけ/奈良県 | Comments(4)

多武峰 談山神社

b0280176_9453196.jpg

近頃の子どもの名前はまともには読めないものが多いと思います。
キラキラネームなんておだてられ競い合って付けているように思う。
付けられた子どものほうは「えらい迷惑な」事だなぁと思うのです。
子どもは自分の名前の読み方説明を一生していかないといけないのだから。
私もえらそうな事は言えません。
私の孫の名前も読みやすいとは、とても言えないのだから。
出産時には、
「誰でも読める名前にしなさいよ」と口酸っぱく言ってるのに関わらず、
決めたよという名前は「・・・」(ガ〜ン)
流行だから仕方ないかと爺は諦めて「最近の若いヤツはなっとらん!」とブツブツブツ。

読みづらいと言えば地名などもそうですね。
ここ「多武峰の談山神社」もよく間違われて呼ばれているようです。
「トウノミネのタンザンジンジャ」が正解です。
ダンザンと間違って呼んでる方が多いような気がします。
歴史に出てくる「大化の改新」と関わり深い所です。

More
by kyohmy | 2015-04-21 10:24 | お出かけ/奈良県 | Comments(0)