namazuのブログ

<   2013年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

寸景(土山宿・坂之板宿・関宿)

b0280176_2017243.jpg

坂之下宿の街道筋で見かけた案山子と言うか?彫刻。
ドキッとさせれました。

More
by kyohmy | 2013-06-29 20:24 | お出かけ/その他 | Comments(6)

伝馬館(土山宿)

b0280176_20543375.jpg

今は便利な時代で荷物を運ぶのには宅配便やら車や電車やありますが、
昔は馬が活躍していたようです。
たとえば江戸から京都まで荷物を運ぶとき、
江戸で荷物を乗せた馬が、ずっと京都まで行くのではなく
宿場ごとにいる馬に荷物を載せ換えながら運んだそうです。
それを宿駅伝馬制というそうです。
東海道五十三次の次は馬を継ぐと言う意味も含まれていると言うことです

そんなことを教えてくれたのは土山宿の中心地に建つ
東海道伝馬館です。

More
by kyohmy | 2013-06-28 21:24 | お出かけ/その他 | Comments(2)

関宿

b0280176_1951964.jpg

関宿の観光駐車場に着いた時は夜7時頃。
空っぽの駐車場に止めて、早速歩き出す。
夏の夕は中々暮れないけど街道をぶらぶらしているうちに
どんどん暗くなり街灯が点き出しました。
マジックアワーの街道風景は
良い顔を見せてくれるのではないかと、
期待しながらでしたが、、、

More
by kyohmy | 2013-06-27 20:16 | お出かけ/三重県 | Comments(2)

坂之下宿(坂下宿)

b0280176_17393737.jpg

東海道五十三次48番目の宿場、坂之下宿。

江戸時代に賑わった東海道の各宿場町ですが、
時代とともに都市化して行った町もあれば、
人の流れが変わり衰退して行った町もあります。
ここ坂之下宿は後者と言えます。

しかし、そんな所のほうがかつての面影を残して
例えば中山道の馬籠・妻籠は観光地になっています。
坂之下宿の隣の「関宿」はまさにそれです。
電線電柱を撤去して良い雰囲気の町並みとなっています。
ところがここ「坂之下宿」は東海道有数の宿場と言われ、
旅籠の数も多かったはずなのに、ほとんど残っていない感じです。
そこに大宿場町があった証しのようにあちこちに石垣が見えました。

More
by kyohmy | 2013-06-26 18:41 | お出かけ/三重県 | Comments(2)

土山宿(あいの土山)

b0280176_17303051.jpg

↑「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」(鈴鹿馬子唄より)

東海道五十三次49番目の宿場「土山宿」

48番目の坂下宿との間には鈴鹿峠という難所があります。
32年前に私が自転車で通った時は「雄大な峠」のイメージでした。
今回それを楽しみに峠を通りましたが全く違う平凡な道でした。
それもそのはず
土山から坂下に下る道は谷底道で見晴し悪く、
坂下から土山に上る道は山腹を切り開いた雄大な景色。
上りと下りそれぞれ別の専用道路だったんです。

その大変な鈴鹿峠道を荷物を背負った馬を引きながら歌う唄が鈴鹿馬子唄で、
その中に「あいの土山」という言葉あるようです(私はこの唄を知りません)

あいの土山の『あい』とは何ぞや?
道の駅「あいの土山」のHPではその説を7つも!あげられています。
逆に言えば『あい』が何なのか解らないと言うことですよね。ですよね。

広重の「土山宿」の絵には雨が描かれています。
私達の訪れた6/23もポツポツ雨が落ちていました。

More
by kyohmy | 2013-06-25 18:23 | お出かけ/その他 | Comments(0)

東海道五十三次 土山宿・坂下宿・関宿

b0280176_19205514.jpg

↑関宿

6月23日昼から向かったのは滋賀県甲賀市土山。
東海道五十三次49番目の宿場、土山宿です。
その後48番目の宿場、坂之下宿、
さらに47番目の宿場、関宿へ行ってきました。

関宿に着いた時は日も暮れ街灯が灯り始める時刻でした。
by kyohmy | 2013-06-24 19:29 | お出かけ/その他 | Comments(2)

深野村風景

b0280176_2185171.jpg

深野村の風景をすこし。

話は全く変わりますが、
テレビのCMで私の撮った写真が少しだけ出ます。
出るはずなんですが、私はまだ見てません。
そのCMに出会うのは運が必要かもしれません。
放映が終わるまでに1回以上は見たいと思っていますが、はてさて。
(Webでは見れるようになっています。こちら

More
by kyohmy | 2013-06-22 21:22 | お出かけ/奈良県 | Comments(8)

ササユリ(奈良県宇陀市室生区深野)

b0280176_20183131.jpg

深野は「にほんの里100選」選ばれた村です。

More
by kyohmy | 2013-06-20 20:28 | 野の花・野の風景 | Comments(6)

ふるさと元気村(宇陀市室生区)

b0280176_1127581.jpg

↑ふるさと元気村入口の紫陽花

6月16日父の日
夕方は娘夫婦宅でBBQに呼んでくれるみたいなので、
それまで近場をぶらっとドライブ。
「ふるさと元気村」の標識に誘われて、
室生寺のさらに山奥にある小学校の
廃校を利用した施設に行ってきました。
ちょっと覗くだけのつもりが長居してしまいました。
各教室がそれぞれのアーチストの部屋となっていて、
1階は、アートフラワー・竹細工・陶芸・木工の教室と、
展示室(明かりの作品展でした)・販売ボックスルーム?
2階は、切り絵・草木染め・油絵・クラフトとなっていました。
作家さんがおられる部屋ではそれぞれ長居することになり、
色々新しい発見があり、楽しんでしました。
おかげで、行こうとしていた「カエデの郷ひらら」には行けず
ササユリの里、深野村に向かいその後 BBQへ行くのでした。

あっ、そうそう!
ふるさと元気村では地元写真家HK氏の
フォトカードの販売もありましたよ(◎_◎;)

More
by kyohmy | 2013-06-18 12:15 | お出かけ/奈良県 | Comments(8)

ササユリの季節

b0280176_19243373.jpg

奈良県宇陀市室生区深野のササユリが見頃となりました。
昔はたくさん咲いていたというササユリも今は少ない。
一番の理由は山に人の手が入らなくなったからだとか。
燃料が薪だった頃は山は手入れされ光がよく入ったのが、
今では光が入らずササユリが育たないそうです。

深野村ではササユリ保存に力を入れ育てておられますが、
種を植えてから花が咲くまで7〜10年かかるそうです。
それまでにイノシシに球根を食べられる確率も高く、
また、綺麗に咲いても切り花に摘んでゆく人も多いとか、、
by kyohmy | 2013-06-17 19:43 | お出かけ/奈良県 | Comments(2)