namazuのブログ

板橋区立美術館

b0280176_1630525.jpg

義母の初盆で東京に帰省していましたが、
7/14、妻は亡き母の物を整理するとかで忙しく、
用の無い私はひとり炎天下の中を散歩に出かけました。

行き先は「ボローニャ国際絵本原画展」を開催している板橋区立美術館。
妻の実家近くのバス停から「成増駅」ゆきが出ているので、、
と、家を出たのはよかったんだけど2、30っ歩行っただけで、
クラクラするほどの炎天下。おもわずお店に入って帽子を調達。

そしてバス停へ。慣れないバスって緊張するのですよね。
まず料金が解らないし整理券を取るのか?どうかも。
バスは前から乗って先払いでした。車掌?さんがいて
成増までと言うと210円。現金を料金箱へ。。
5、6人一緒に乗車したのに現金払いは何故か私だけでした。。

成増に到着。バスを乗り継いで美術館に行くことも可能だけど、
歩くことにしました。炎天下だけど。




↓今回帰省用に借りた車はフィットハイブリッド。中々いい感じでした。
b0280176_16524013.jpg

↓板橋区立美術館へは成増駅から住宅地を抜けていきました。アヂィと言いながら歩いてます。
b0280176_16574696.jpg

↓曲がり角の目印は赤いポストだなんて、、隠れ家的な美術館ですね。
b0280176_16583320.jpg

↓map
b0280176_1724281.jpg

↓住宅の屋根越しに鴟尾のある堂が見えました。美術館はすぐそことわかったので、
b0280176_1722425.jpg

↓赤塚城址へ寄り道。広い梅林がありました。
b0280176_1735399.jpg

↓区内とは思えないほどの蝉が鳴く真夏の森でした。
b0280176_175543.jpg

↓木陰はちょっとマシです。
b0280176_1764297.jpg

↓膝にこたえる急階段を下りてゆくと池がありおじさん達が釣りを、、、この暑いのに。
b0280176_1781777.jpg

↓そしてすぐ板橋区立美術館に到着です。
b0280176_1793612.jpg

とても楽しい良い美術展でした。
冷房の効いた美術館を後にして今度は乗蓮寺というお寺へ行きました。
そのお寺は「東京大仏」という大仏があり有名だそうですが、
それより私はそのお寺の墓地にあるという植村直己さんの墓に
行ってみたかったのでした。
一冊の本が人生を変えることってありますよね。
植村直己さんの「青春を山に賭けて」
私にとってはとてもとても大切な本です。
by kyohmy | 2013-07-16 17:21 | お出かけ/東京都 | Comments(4)
Commented by hirosi906 at 2013-07-16 22:44
ボローニャ国際絵本原画展行って来られたんですね。
8月には、西宮にこの展覧会やってきます。
何回か行ってますが、ほんとに素敵なたのしい絵がいっぱいですね。
今年も行こうと思ってます。
オフ会で、namazuさんのニコンが話題になってました。
Commented by kyohmy at 2013-07-17 13:28
●hirosiさん、こんにちは。
hirosiさんに教えてもらったボローニャ国際絵本原画展、
とても良かったです。
近江八幡オフ会には参加できず、ちょうど板橋美術館にいる時に、
今ごろは皆さん近江八幡でお昼ご飯食べてはる頃やろなぁなんて、
思いながらでした。
Commented by kame-photo-2 at 2013-07-20 21:40
こんばんはです!
慣れない地でのバス乗車・・・オロオロしますよね〜
所によっては先払いも・・・車掌?さんはいませんけど(笑)
オフ会の頃・・家族で3年ぶりのメナードに・・
上野で飯のあとは森林公園へ・・
日頃の行いがいいので(笑)天気良かったですよ・・
Commented by kyohmy at 2013-07-22 18:30
●kameさん、こんばんは。
メナードから森林公園でしたか。
近江八幡は夕立もあったようですが、
青山は天気よかったようで良かったですね。
あそこでガスられると真っ白で、
入場料捨てることになりますからね。