namazuのブログ

鶴見緑地_02

b0280176_15292549.jpg

鶴見緑地で撮った花です。

今まで使っていたキャノン機と今回のニコン機では
電源スイッチから露出補正の設定など、
何から何まで違うのでややこしいです。
説明書も読まずに(説明書の細かい文字見ると眠くなるんです)
適当に触ってます。
第一印象はキャノンはシンプル、ニコンは複雑でメカニカル。って感じです。
例えばファインダーの覗き窓の横についてる視度調整ダイヤルも
キャノンはそのまま回すのに対してニコンのはボタンを一旦引っぱり出して回す。
調整後はボタンを押し込むことで固定され誤作動を防いでいる。
露出補正は右人差し指で補正ボタンを押しながら右親指でダイヤルを回す。
ホワイトバランスやISO設定は左指でボタンを押しながら右親指でダイヤルを回す。
それぞれが誤作動防止にいろんなボタンを駆使してる感じです。
片手に缶珈琲持って気楽に撮りたい人には向いてないですね。
設定次第でISO感度も右手だけで操作できる様にもできるみたい。
自分の使いやすいようにカスタマイズすればいいようです。

More
# by kyohmy | 2013-07-09 16:07 | お出かけ/大阪府 | Comments(2)

鶴見緑地_01

b0280176_19261231.jpg

初めてのニコン、とにかく操作を覚えないといけないので
鶴見緑地でパチパチして来ました。

カメラが良くなったから良い写真が撮れることは全くなくて、
撮れた写真はいつもといっしょでなんじゃこりゃです。
ブログ用に縮小するとまったく値打ち無しです。
ただ、
モニターで画像を拡大するとウヒヒニタニタです。
たぶん人の顔を撮ると見てはいけない毛穴まで写るでしょう。
そのかわり、
鼻毛一本分でもカメラを動かすとぶれる。
そんなブレが腹立たしく感じてしまう。
なんか、
自分の人間性をためされてる感じです。

今回撮ったものもほぼすべてがブレてました。
趣味用の写真の場合は拡大して見ることはやめようと思います。

しっかり三脚立てて絞り込んで風景写真なんかを撮ると、
細部まで写るんだろうと思いますが、
外で三脚を立てる気はしないですからね。

More
# by kyohmy | 2013-07-08 19:51 | お出かけ/大阪府 | Comments(6)

NPO法人 美術の教室 お知らせ

b0280176_18322726.jpg

b0280176_18323944.jpg

7/7「見ないdeデッサン」は今福鶴見での開催です。
8/3「夏休み工作教室」は大阪教育大学天王寺キャンパスでの開催です。

More 新しいカメラ_テスト撮影
# by kyohmy | 2013-07-06 19:21 | 家/ペット/雑記 | Comments(12)

佐佐木信綱と卯の花の里(石薬師宿)

b0280176_2038138.jpg

佐佐木信綱記念館前の掲示板です。
最後の方には、次のように書いてあります。
「石薬師では、信綱作詞の唱歌『夏は来ぬ』に因んで
昭和63年(1988)から地区を挙げて『卯の花の里づくり』に取り組んでいる。
初夏になると、どこの家庭の庭先にも、また道端にも白い可憐な花が咲き、
清楚な趣をそえている。」

私が行った6/30にはすっかり花が終わった所でしたが、
そこらじゅうに卯の花の木(ウツギ)が植えられていました。
今度は5月?花の咲いている季節に訪れたいものです。

More
# by kyohmy | 2013-07-05 20:57 | お出かけ/三重県 | Comments(2)

石薬師宿

b0280176_19575625.jpg

東海道五十三次44番目の宿場、石薬師宿。

「夏は来ぬ」
  卯の花の におう垣根に
  ほととぎす 早も来啼きて
  忍音もらす 夏は来ぬ

  さみだれの そそぐ山田に
  早乙女が 裳裾ぬらして
  玉苗植うる 夏は来ぬ

唱歌「夏は来ぬ」の作詞者、佐佐木信綱氏のふるさとが、
ここ鈴鹿市石薬師宿だそうで、佐佐木信綱記念館や生家があり、
町のあちこちに卯の花が植えられていました。
また「信綱かるた道」と言って街道沿いに36首の歌が掲示されています。

More
# by kyohmy | 2013-07-04 20:23 | お出かけ/三重県 | Comments(0)

庄野宿

b0280176_2082446.jpg

東海道五十三次45番目の宿場、庄野宿です。
平坦地にほぼまっすぐな街道沿いの宿場。
旅籠の建物は残ってないようでしたが、
中心地当たりに庄野資料館があり、宿場の勉強ができます。

また、裏道には水路が張り巡らされ結構な水量が流れているのが印象的でした。
ホタルの産地でもあるようでした。

More
# by kyohmy | 2013-07-03 20:32 | お出かけ/三重県 | Comments(2)

亀山宿

b0280176_18564936.jpg

奈良公園を目指して家を出たものの
その人込みを想像して、、、急遽行き先変更、亀山に向かいました。

東海道五十三次46番目の亀山宿です。
旅籠らしい建物は少なかったですが、
曲がりくねった道から当時を想像することができました。

More
# by kyohmy | 2013-07-02 19:11 | お出かけ/三重県 | Comments(0)

今週も東海道五十三次宿場巡り

b0280176_20194726.jpg

先週の49、48、47番目の宿場に続く
46、45、44番目の宿場を訪ねて来ました。
# by kyohmy | 2013-07-01 20:24 | お出かけ/三重県 | Comments(0)

寸景(土山宿・坂之板宿・関宿)

b0280176_2017243.jpg

坂之下宿の街道筋で見かけた案山子と言うか?彫刻。
ドキッとさせれました。

More
# by kyohmy | 2013-06-29 20:24 | お出かけ/その他 | Comments(6)

伝馬館(土山宿)

b0280176_20543375.jpg

今は便利な時代で荷物を運ぶのには宅配便やら車や電車やありますが、
昔は馬が活躍していたようです。
たとえば江戸から京都まで荷物を運ぶとき、
江戸で荷物を乗せた馬が、ずっと京都まで行くのではなく
宿場ごとにいる馬に荷物を載せ換えながら運んだそうです。
それを宿駅伝馬制というそうです。
東海道五十三次の次は馬を継ぐと言う意味も含まれていると言うことです

そんなことを教えてくれたのは土山宿の中心地に建つ
東海道伝馬館です。

More
# by kyohmy | 2013-06-28 21:24 | お出かけ/その他 | Comments(2)

関宿

b0280176_1951964.jpg

関宿の観光駐車場に着いた時は夜7時頃。
空っぽの駐車場に止めて、早速歩き出す。
夏の夕は中々暮れないけど街道をぶらぶらしているうちに
どんどん暗くなり街灯が点き出しました。
マジックアワーの街道風景は
良い顔を見せてくれるのではないかと、
期待しながらでしたが、、、

More
# by kyohmy | 2013-06-27 20:16 | お出かけ/三重県 | Comments(2)

坂之下宿(坂下宿)

b0280176_17393737.jpg

東海道五十三次48番目の宿場、坂之下宿。

江戸時代に賑わった東海道の各宿場町ですが、
時代とともに都市化して行った町もあれば、
人の流れが変わり衰退して行った町もあります。
ここ坂之下宿は後者と言えます。

しかし、そんな所のほうがかつての面影を残して
例えば中山道の馬籠・妻籠は観光地になっています。
坂之下宿の隣の「関宿」はまさにそれです。
電線電柱を撤去して良い雰囲気の町並みとなっています。
ところがここ「坂之下宿」は東海道有数の宿場と言われ、
旅籠の数も多かったはずなのに、ほとんど残っていない感じです。
そこに大宿場町があった証しのようにあちこちに石垣が見えました。

More
# by kyohmy | 2013-06-26 18:41 | お出かけ/三重県 | Comments(2)

土山宿(あいの土山)

b0280176_17303051.jpg

↑「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る」(鈴鹿馬子唄より)

東海道五十三次49番目の宿場「土山宿」

48番目の坂下宿との間には鈴鹿峠という難所があります。
32年前に私が自転車で通った時は「雄大な峠」のイメージでした。
今回それを楽しみに峠を通りましたが全く違う平凡な道でした。
それもそのはず
土山から坂下に下る道は谷底道で見晴し悪く、
坂下から土山に上る道は山腹を切り開いた雄大な景色。
上りと下りそれぞれ別の専用道路だったんです。

その大変な鈴鹿峠道を荷物を背負った馬を引きながら歌う唄が鈴鹿馬子唄で、
その中に「あいの土山」という言葉あるようです(私はこの唄を知りません)

あいの土山の『あい』とは何ぞや?
道の駅「あいの土山」のHPではその説を7つも!あげられています。
逆に言えば『あい』が何なのか解らないと言うことですよね。ですよね。

広重の「土山宿」の絵には雨が描かれています。
私達の訪れた6/23もポツポツ雨が落ちていました。

More
# by kyohmy | 2013-06-25 18:23 | お出かけ/その他 | Comments(0)

東海道五十三次 土山宿・坂下宿・関宿

b0280176_19205514.jpg

↑関宿

6月23日昼から向かったのは滋賀県甲賀市土山。
東海道五十三次49番目の宿場、土山宿です。
その後48番目の宿場、坂之下宿、
さらに47番目の宿場、関宿へ行ってきました。

関宿に着いた時は日も暮れ街灯が灯り始める時刻でした。
# by kyohmy | 2013-06-24 19:29 | お出かけ/その他 | Comments(2)

深野村風景

b0280176_2185171.jpg

深野村の風景をすこし。

話は全く変わりますが、
テレビのCMで私の撮った写真が少しだけ出ます。
出るはずなんですが、私はまだ見てません。
そのCMに出会うのは運が必要かもしれません。
放映が終わるまでに1回以上は見たいと思っていますが、はてさて。
(Webでは見れるようになっています。こちら

More
# by kyohmy | 2013-06-22 21:22 | お出かけ/奈良県 | Comments(8)